病院に連れてくるまでの注意点

鳥・小型げっ歯類

1.キャリー

洗濯ネットの中にプラスチックケースを入れています

※移動の際に興奮して暴れることがあります。ケージの出入り口はナスカンなどを用いてしっかりとロックしてください。プラスチックケースやキャリーの場合は、ケース、キャリーを洗濯ネットに入れて、移動中の逃走などの事故を防いでください。透明のケージの場合は突進して怪我をする場合があります。布などで覆いをかけて、移動中にパニックを起こさないようにしてください。

2.温度

翼を広げ暑がっている鳥

※使い捨てカイロは酸素を消費するため、密閉しないよう気をつけてください。カイロはケージの中に入れると火傷をすることがあります。必ず ケージの外につけてください。また、カイロは酸素を注入すると熱くなります。

※暖めすぎて熱中症になることもあります。鳥の様子をよく観察し、温度を調節するようにしてください。

3.餌・水

※鳥は移動の間は緊張のため水を飲みません。また、短時間であれば、特に水を必要としません。水がこぼれて鳥の羽をぬらし体を冷やしたりするため、水を入れないで連れてきてください。

4.床材

※タオルや布製品は爪を引っ掛ける事故があります。また、新聞紙は、すべるためお勧めできません。チップ、牧草は呼吸器に影響する可能性があります。

5.便、尿の持参

げっ歯類

1.キャリー

2.温度

3.餌・水

4.便、尿の持参